プロジェクト概要

FJパートナーシップ・プロジェクトとは?

合い言葉は「子どもが憧れる夫婦になろう!」

「笑っている父親を増やそう!」を合い言葉に活動しているNPO法人ファザーリング・ジャパン(以下、FJ、事務局:東京都千代田区、代表:安藤哲也)では、この度、父親が主体となり夫婦関係について考え、発信するプロジェクト、「FJパートナーシップ・プロジェクト」(FJPPJ)を発足いたしました。

合い言葉は「子どもが憧れる笑顔の夫婦になろう!」。忙しい毎日に気持ちの余裕がなく、相手を気遣うことが難しいイマドキ夫婦達が、いつまでもいい関係でいるために、また、子どもの憧れの先にあるような夫婦でいるために必要なヒントや情報を提供する「夫婦エンパワメント」を目的としています。

ファザーリング・スクール卒業生を中心に発足!

中心となっているのは、FJが過去5年間にわたり行ってきた日本初の父親学校「ファザーリング・スクール」の卒業生。「スクールを通して父親として子どもとの関係は改善したけれど、パートナーとの関係が難しい」という問題意識を持った当事者が集まり、2014年9月5日に開催されたファザーリング・スクール大同窓会にて正式にプロジェクトを立ち上げました。メンバーは約30名。日々のリアルな経験をプロジェクトに活かします。

私たちが考える「夫婦のパートナーシップ」とは?

プロジェクトでは、「パートナーシップ」を「価値観や考え方に違いがあっても相手を尊重しつつ、人生のいい時も、悪い時も、できる限りの優しさと思いやりの気持ちをもって、お互いの幸せを求め合える関係」と定義。多様な夫婦のあり方を認めつつ、その中で大切にしたいことを発信していきます。