震災分離家族ケアプロジェクト

★FJパパエイド募金 震災分離家族ケアプロジェクト

津波や放射能禍によって離ればなれで暮らす子育てファミリー支援事業

イメージ写真

FJパパエイド募金 原発事故による分離家族の支援について

Fathering Japanパパエイド募金では、これまでの被災地支援活動に加え、原発事故によって離ればなれで暮らす家族を支援する事業を、パパエイド募金1周年の本日(2012年3月14日)より開始します。

【事業主旨】

原発事故によって分離された家族が再会する際の交通費等の経済支援。
パパエイド募金に集まった寄付金等で、旅費・交通費を援助します。

パパエイド募金 原発事故による分離家族ケアプロジェクト 支援金給付事業について
受給資格: 震災前に福島県内に在住で、原発事故発生後に子どもが避難し、1年以上家族(パパと子ども)が分離されている状態の子育て家庭。
受付期間: 2012/3/14~4/13(1ヶ月間)
申請書類:

1.申請書(WordPDF ※ダウンロードして記入ください
2.分離状態を証明するもの(住民票・手紙類)

3.パパの作文「子どもと離れて、いま」(書式自由、1000字以内)

申請先:

NPO法人ファザーリング・ジャパン パパエイド募金事務局
〒101-0032 東京都文京区本駒込2-1-18 芙蓉倶楽部301

給付金額:

一家庭につき最大5万円

※給付額については基金の原資が少なく、現段階では5家族限定となります。今後、募金が増えたり助成金が下りた場合などは随時、給付を拡大していく予定です。

審査方法: ファザーリング・ジャパン理事会で審査し、決定
給付方法: 認定申請者に連絡後、速やかに給付(振込)
お問い合わせ: パパエイド募金事務局
tel: 03-5259-8601(月~金 10:00-17:00) E-Mail: gyoumu@fathering.jp

Fathering Japanパパエイド募金では、今後も中長期的に、福島から離れて生活している子どもや家族への支援ならびに福島に住んでいる子どもや家族への支援を継続して行っていきます。

【事業趣旨】

「被災地のパパ友とその家族を救おう!」という目的で3.14に活動を開始したFJのパパエイド募金。これまでに被災地に計8回入り、皆さんから寄付いただいた募金を原資に、現地NPOへの支援、父子家庭への応援、絵本ライブなど子どもたちの笑顔のための現地支援活動を続けてまいりました。

一方、津波や放射能の影響でママと子どもが疎開し、パパだけが現地に残るという「震災分離家族」が、被災地にのみならず増えてきていることも気がかりでした。

家族がずっと離れたままで生活していくことで、パパと子どもの愛着形成、夫婦の絆、あるいは地域との関係断絶など、父親の子育てにとって好ましくない情況があります。我が子に会えず仕事に邁進するだけのパパ、パパ(夫)と別れて淋しい想いを強いられる子どもやママを笑顔にしたい。その支援もFJパパエイドのミッションだと考え、本日新しい支援事業をFJ×wellnoteでスタートさせます。

wellnoteはウェルスタイル株式会社が運営する、 子どもや両親の健康ケアをサポートでき、 他人に見られることなく家族間の会話ができる、 新しい家庭内コミュニケーションツールです。

震災分離家族の皆さんには、ぜひご利用いただき(祖父母の方にも)、家族間交流の一助にしていただければ幸いです。

2011年10月7日
特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン代表理事 安藤 哲也

【支援事業の概要】

  1. 震災分離家族をサポートする家族間パーソナルネットワークサービスの提供(powered by wellnote)
  2. 医療情報や、妊娠・出産・子育ての情報を発信、または悩み相談も受付。

wellnoteに会員登録する

wellnoteとは

ツイッターやフェイスブックのようでありながら、他人に見られることなく、クローズドな環境で家族間で交流ができる、新しいパーソナル・ネットワーク・サービス(PNS)です。 お医者さんたちから健康情報が届くので、子どもや両親の健康ケアをサポートすることもできます。

「FJ x wellnote」で実現すること

1. wellnoteで、家族がつながります

津波や放射能禍によって、離ればなれで暮らす 子育てファミリーを、wellnoteでつなげます。

単身でがんばって働いているパパに、離れて住むママや子どもの毎日の笑顔を届けます。

2. wellnoteで、お医者さん達ともつながります

wellnoteでは、多くのお医者さんたちが、子育てファミリーの子どもや両親の健康管理に役立つ情報を リアルタイムで発信しています。

子どもの健康について気になることをwellnoteで聞くと、役立つ健康レシピとして「診察室Live!」に流れるかも。

子どもの健康ケアもできるので、離れて住むパパも安心です。

FJ会員<医療従事者>

中村守男
子ども・子育て専門のパパ薬剤師。NPO法人こどもとくすり代表理事。NPO法人ファザーリング・ジャパン会員。(有)八幡西調剤薬局 採用担当マネージャー。小児科で働く現役の「パパ薬剤師」として、「子育て目線の健康・医療」に関する講演(講座)、コラム執筆、イベント企画など行っている。2児のパパ。
宮島賢也
薬を使わない精神科医。精神科医出身で今は自律神経免疫療法医となり、精神症状だけでなく、ガンやリウマチ、アトピー性皮膚炎など、あらゆる患者さんに鍼灸師さんの血行改善とともに自分で回復するお手伝いをしています。

wellnoteに会員登録する

パパエイド募金TOPへ

パパエイド募金 義援金の寄付はこちらから

<クレジット募金>

クレジットカードによる寄付はコチラから
※パパエイド募金をお選びください。

<銀行振込>
銀行: 三井住友銀行 恵比寿支店(支店コード 656)
口座: 普通7610182
口座名: 特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン

※お振込される際に、お名前の前に「東北地震」または「緊急」とご入力ください。寄付金として集約させていただくために必要です。ご理解ご協力をお願いいたします。
例)トウホク ヤマダタロウ
※銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をFJ事務局までご連絡ください。

<ゆうちょ銀行>
口座番号:00100-1-374156
加入者名:特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン

通信欄に「東北地震」または「緊急」とご記入ください。寄付金として集約させていただくために必要です。ご理解ご協力をお願いいたします。
例)キンキュウ サトウヒロシ

※振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。別途、領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。

※頂戴した寄付につきましては総額等を、Fathering Japanホームページ上で逐次、ご報告いたします。

※他のNPOなど同志団体も義援金活動を行っています。こちらをご覧ください。

<東日本大震災 義援金寄付サイト一覧>



講演会・セミナーのご依頼、講師派遣
講師一覧
講演・セミナー・イベント 過去の実績
取材・調査のご依頼
メディア掲載実績

イクボス.com

新しいパパの教科書

今後の予定

FJの多彩なパパたちをご紹介(詳細はクリック!)
宮崎 洋平 川井 秀樹 江尻智行 金坂尚人 中野 陽太 内木場 豊 橋本淳邦 蓑田 雅 杉山 錠士 高島 智

買物で
支援
購入金額の3.5%~ 1%~

FJ NEWS メールマガジン登録

セミナーやイベントなど父親支援事業のご案内をテキストメールでお届けいたします(不定期)。ご希望の方は下記フォームよりメールアドレスを登録して下さい。

 
メールマガジンの解除や登録変更はこちら

FJファウンダー安藤ブログ

平成28年度 社会生活基本調査

熱中症予防 声かけプロジェクト(JEC)

ひと涼みスタイルBOOK