リプロダクティブ・ヘルス/ライツとは『性と生殖に関する健康・権利』と訳されます。1994年にエジプトのカイロで開かれた国際人口開発会議(ICPD)にて提唱された概念です。

国際人口・開発会議とは(厚生白書平成7年版より)

リプロダクティブ・ヘルスは、人間の生殖システムおよびその機能と活動過程のすべての側面において、単に疾病、障害がないというばかりでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあることを指します。したがって、リプロダクティブ・ヘルスは、人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか、いつ持つか、何人持つかを決める自由をもつことを意味します。

リプロダクティブ・ライツとは、国内法・国際法および国連での合意に基づいた人権の一つで、すべてのカップルと個人が、自分たちの子どもの数、出産間隔、出産する時期を自由にかつ責任をもって決定でき、そのための情報と手段を得ることができるという基本的権利、ならびに最高水準の性に関する健康およびリプロダクティブヘルスを享受する権利です。

翌1995年に北京で開催された第4回世界女性会議(北京会議)で、リプロダクティブ・ヘルス/ライツがすべてのカップルと個人が有する人権の一部であると採択文章に明記されました。つまり、妊娠、出産は女性の問題だけではなく、性と生殖に関する男女の平等な関係、同意、共同の責任が広く認識され、男性の性に関する役割と責任が強調されることとなりました。

現在ではreproduction(生殖)のみならずsexual(性)の健康と権利にも力点が集まり、両方を合わせて"sexual and reproductive health and rights"(性と生殖に関する健康と権利)としばしば表記され、SRHRの略語が用いられます。セクシュアルヘルス/ライツはリプロダクティブヘルス/ライツに含まれるとして省略される場合もあります。

男性にとってのリプロダクティブ・ヘルス/ライツとは

リプロダクティブ・ライツは永きにわたって性と生殖における基本的人権としての「女性の自己決定権」とされてきました。女性には妊娠・出産をコントロールできる権利があるということです。一方、男性は単に精子の提供者としての存在ではありません。今やイクメンが当たり前となり市民権を得たように、男性の育児が義務(育児がやるべきこと)ではなく権利(育児を楽しむこと)であるのと同様に、またリプロダクティブ・ライツがすべてのカップルと個人を対象としているとおり、男性にも「産ませる性」としての権利と自由があります。男性も子どもが欲しいと主張してもいいですし、子どもを作ることに関して積極的にポジティブに取り組んでもいいのです。

子どもを持つ自由と同時に男性には「女性の権利を守る義務」と「子どもの権利を守る義務」も課せられます。男性の甲斐性とはお金を稼ぐことだけではありません。高度成長期は父親の稼ぎで家庭は生計を立てられましたが、長引く景気の低迷する現在では長時間労働をしても家計は逼迫しています。金銭的物質的な豊かさでは幸せに成れないことはバブル景気崩壊後の日本を振り返れば明らかです。今、父親に求められるのは家族の心と体の豊かさを満たすことです。

男性が女性と子どもを守る義務を果たすためには、啓発とそれなりの資源が必要です。ワークライフバランスの推進、経済的・社会的・政治的サポート体制の充実も必要です。

【リプロダクティブ・ヘルス/ライツ】
-------------
性と生殖に関する健康・権利と訳される。リプロダクティブ・ヘルスとは、人間の生殖システムおよびその機能と活動過程のすべての側面において、単に疾病、障害がないというばかりでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあることを指す。したがって、リプロダクティブ・ヘルスは、人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか、いつ持つか、何人持つかを決める自由をもつことを意味する。1994年、カイロ国際人口・開発会議で採択された文章に基づいている。

生殖年齢にある男女のみならず、思春期以後、生涯にわたる性と生殖に関する健康を意味し、子どもを持たないライフスタイルを選択する人々を含めた、すべての個人に保障されるべき健康概念である。具体的には、思春期保健、生殖年齢にあるカップルを対象とする家族計画と母子保健、人工妊娠中絶、妊産婦の健康、HIV/エイズを含む性感染症、不妊、ジェンダーに基づく暴力等を含む。

リプロダクティブ・ライツとは、性に関する健康を享受する権利である。具体的には、すべてのカップルと個人が、自分たちの子どもの数、出産間隔、出産する時期を自由にかつ責任をもって決定でき、そのための情報と手段を得ることができるという権利。また、差別、強制、暴力を受けることなく、生殖に関する決定を行える権利も含まれる。さらに、女性が安全に妊娠・出産を享受でき、またカップルが健康な子どもを持てる最善の機会を得られるよう適切なヘルスケア・サービスを利用できる権利が含まれる。
-------------日本国際保健医療学会/国際保健用語集より

Box1-1 リプロダクティブヘルスと家族計画・母子保健の違い

リプロダクティブヘルスは、従来の家族計画・母子保健とは次の点で大きな違いがある。

①リプロダクティブヘルスは、15~49歳の生殖可能な年齢層の女性の健康だけではなく、生涯にわたる幅広い健康を指す。また、女性は単に子どもを産む期間だけ健康に留意していればよいというのではなく、人間として、生活周期の視点で健康管理をする重要性を指摘するものである。

②リプロダクティブヘルスは、従来縦割りの行政構造の中で孤立して対処されていた家族計画・母子保健と性感染症・HIV/エイズを含む他の生殖に関する健康問題とを連携させた包括的なアプローチを目指すものである。

③従来の家族計画プログラムでは、男性のニーズ・役割・責任および若者の特別なニーズについて適切に対処しているとは言い難い。しかし、リプロダクティブヘルスの活動ではこれらの問題に対して十分な配慮をすることが要求されている。また、他のリプロダクティブヘルスの分野においても(例えば、性感染症やHIV/エイズなど)男性の役割と責任について言及している。

④リプロダクティブヘルスは家族計画に関する個人とカップルの権利、特に家族計画の方法を選ぶ権利を訴えている。現在は、個人とカップルに家族計画の手法を選ぶ機会がまったく与えられていないか、与えられていても不十分もしくは不適切な場合が多い。リプロダクティブヘルスは、個人とカップルが家族計画を利用する権利と個人にとって適切と思われる家族計画の方法を選ぶ権利を訴え、さらにはその権利を享受できるようなヘルスケアと情報の充実を保証することもうたっている。

⑤リプロダクティブヘルスは、女性に対する暴力が大きな健康問題となると指摘している。特に、強姦、性的虐待、人身売買および強制売春、女性の性器切除を含めた有害な伝統的慣行は、多くの場合「性と生殖」の枠内で発生する女性への暴力である。また、女性の身体的のみならず精神的健康に悪影響を及ぼす暴力に対処することもリプロダクティブヘルスの重要な課題といえる。

出所:佐藤都喜子(2002)(一部変更)JICA リプロダクティブヘルス資料より転載

JICA リプロダクティブヘルス
http://jica-ri.jica.go.jp/IFIC_and_JBICI-Studies/jica-ri/publication/archives/jica/field/pdf/200408_02_01.pdf

内閣府男女共同参画局 男女共同参画基本計画 8 生涯を通じた女性の健康支援
http://www.gender.go.jp/about_danjo/basic_plans/1st/2-8h.html