FJ_Partnership_HP_image2

「子どもが憧れる笑顔の夫婦」になろう!を合い言葉に、
夫婦が今より一歩いい関係になるために必要なアイディアやヒントを提供する夫婦応援プロジェクト。

折角出会って結婚したパパとママ。子どもが生まれる前は笑顔だったのに、子どもが生まれてからはいっぱいいっぱいで、なかなか相手を気遣えない。1800239_n

「私の方が疲れてる」「俺だって頑張っている」

そんなモヤモヤを抱え、言いたいことが言えなかったり、必要以上に言い過ぎて相手を傷つけてしまったり。 気づいて欲しい、気づけない、気づいていても素直になれない。

家事、育児を積極的にシェアするイマドキの子育て夫婦。親世代からの古い性別役割分業観から、新しい夫婦の形への過渡期の中で様々な葛藤を抱える夫婦も増えています。 FJ パートナーシップ・プロジェクトでは、忙しい毎日に気持ちの余裕がなくてお互いを気遣うことが難しい夫婦が一緒に微笑み合い、「子どもが憧れるような関係」になるため に何ができるかをみなさんと考え、私たち自身が笑顔になると同時に、私たちの子ども達のロールモデルとなる「新しい夫婦の形」を発信していきます。

プロジェクトが提案する新しい夫婦の形「子どもが憧れる笑顔の夫婦6か条」

イマドキ夫婦のリアルな声をもとに作った、夫婦がいつまでも微笑み合える関係でいるための「6つの心がけ」。その時々によって違った姿を見せる夫婦関係の多面性に注目し、各々の関係を深めることで、夫婦の絆を強めるための具体策を提案しています。夫婦二人の笑顔と子ども達の笑顔のために、この6か条を心に留めて、日々の夫婦関係にちょっとした思いやりをプラスしてください。

6rule_img恋人でいよう!:相手に関心と興味を持つ。デート、スキンシップ等二人の時間と空間を大切にする。
個人でいよう!:夫婦も他人。「違い」を楽しむ。お互いに一人の時間を持てるような配慮を。
親友でいよう!:お互いを認め合い、いいライバルとして高め合う。業務連絡だけではなく、雑談も。
戦友でいよう!:人生のチャレンジを乗り越える。フォローしあう。無理なら外部にヘルプ要請。
味方でいよう!:相手が大変な時にサポートする。否定したり、評価したりせずに、まずは話を聴く。
相方でいよう!:一緒に笑う!相手が笑顔かどうか確認する。二人の笑顔で子ども達を笑顔にする。

子どもが憧れる笑顔の夫婦6か条」詳細はこちら